レシピ集 平日の時短ごはん

豆腐と青じその味噌汁【平日の時短ごはんレシピ】

投稿日:2024年2月27日 更新日:

コメント
爽やかな香りがおいしい「豆腐と青じその味噌汁」。時間がある時は昆布とかつお節で丁寧にだしをとり、忙しいときはパック出汁でお手軽に!具材を変えるだけで旬を楽しむことができますよ♪味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので弱火にしてから溶きいれるのがポイント。味噌はこさずに大豆のつぶつぶ感まで楽しむのがおすすめです!

調理時間:15分(つけ置き時間除く)
材料2~3人分
【万能だし】
昆布5cm角1枚
かつお節15g
水600ml

【豆腐と青じその味噌汁】
万能だし600ml
味噌大さじ2~3
豆腐150g
青じそ6枚

作り方

1

昆布は濡らしたペーパータオルでふく。鍋に水と昆布を入れて30分つける。火にかけて沸騰直前でとりだす。

2

昆布だしにかつお節を加えて、ひと煮立ちさせたら火を止める。鍋底に沈むまで待つ(約5分くらい)。ざるで濾す。

3

豆腐1.5cm角に切る。鍋に万能だしを弱めの中火で温め、豆腐を入れてひと煮立ちさせる。弱火にして、味噌を溶きいれ、青じそをちぎりながら入れる。

ポイント
・市販のパックだしでもお作りいただけます。作り方はとっても簡単。鍋に水とパックだしを入れて弱めの中火にかけ、10分煮だすだけ(フツフツするくらい)。火にかける前にパックだしを水に10分くらいつけておくとよくだしがでます。
・和風顆粒だしでももちろんお作りいただけます。
・沸騰させる前に昆布を取り出す理由は、沸騰すると昆布からぬめりがでてにごる原因になるからです。
・かつお節は冷たいうちや沸騰するとよい出汁がとれないので、火加減に注意します。
・かつお節の濾し方について、ペーパーで濾すときれいに澄んだ出汁に仕上がりますが、私はさっとざるで濾しています。
・かたい食材は5~7分程度煮て、葉野菜などはみそを溶く直前に入れます。薬味は器に持ってから添えます。
・味噌を溶きいれるタイミングは弱火にしてから。味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうのでグツグツと沸騰させないように気をつけます。
・味噌はこさずに、大豆のつぶつぶ感まで楽しみます。

-レシピ集, 平日の時短ごはん

執筆者:

関連記事

水菜とツナのサラダ【平日の時短ごはんレシピ】

水菜とツナのサラダ 調理時間5分 ◎ シャキシャキ食感の水菜がおいしい♪ ◎ ツナを使って満足度アップ♪ ◎ 簡単レシピでおいしいサラダを♪ 材料 材料2人分倍量水菜1/2ふさ1ふさミニトマト6個12 …

ホクホク長芋とがんもの煮物【週末の作り置きおかずレシピ】

ママのお悩み解決レシピ「週末に煮物を作って平日にも一汁三菜ごはんを用意しよう♪」 健康的な食生活を送るために毎日一汁三菜ごはんを出したい。でもそんな食事を用意する時間なんてないわ。そんなお悩みのママに …

かぶのそぼろあん【平日の時短ごはん】

コメント かぶと鶏ひき肉をつかった簡単そぼろあんのレシピです。とろっとしたかぶの食感とだし香るやさしいそぼろあんが相性抜群。からだに染みるおいしさです。 ★こんな人におすすめ □あと一品欲しい人 □や …

こっくり肉じゃが【平日の時短ごはん】

コメント 家庭料理の定番といえば肉じゃが。ほくほくのじゃが芋に牛肉のうまみが染み込んでいてとってもおいしい。できあがったあと一度冷ましてあげると味が染み込んでさらにおいしくお召し上がりいただけます。 …

きのこのバター醤油炒め【平日の時短ごはんレシピ】

コメント きのこをバター醤油でさっと炒めるだけ。あと一品にいかがでしょうか。 きのこは食物繊維が豊富で低エネルギー。食物繊維は腸の働きを整える効果があります。そのほか、糖質の吸収を緩やかにして血糖値の …

プロフィール