レシピ集 平日の時短ごはん

懐かしの母の豚汁【平日の時短ごはんレシピ】

投稿日:2024年1月6日 更新日:

コメント
母がよく作ってくれた懐かしの豚汁。いつも入っている具材が違って、とにかく野菜がもりもり。汁物というよりおかずなのでは?と思うほど。そんな我が家の豚汁は使い切れなかった野菜を消費するための定番おかずとして重宝してきました。野菜を無駄にせずに使い切れて、しかもいろいろな種類の野菜を使っているから素材から出る旨みも豊富になりおいしい汁物に。良いこと尽くしの豚汁は、我が家の食卓に欠かせない一品です。

こんな人におすすめ
□野菜不足の人
□温かいおかずが食べたい人

豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1がたっぷり♪
ごぼうはしっかりとした歯ごたえと独特な香りが特徴的なお野菜。食物繊維が豊富なので腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。ごぼうの皮には老化防止に役立つポリフェノールが含まれているので、皮はたわしなどで軽くこそげる程度にしてあげるのがおすすめです。
人参はβカロテンを豊富に含む緑黄色野菜です。βカロテンは必要に応じて体内でビタミンAにかわり、免疫力を高めたり、目の健康を守る役割を果たしています。

調理時間:20分
冷蔵2~3日目安
材料2人分
豚バラ肉100g
人参1/4本(40g)
ごぼう1/4本(50g)
大根1㎝(60g)
長ねぎ1/2本(50g)
ごま油適量
味噌大さじ2
出汁または水600ml

作り方

1

豚バラ肉は3cm幅に切る。ごぼうはタワシで洗って斜め薄切りにして水に5分程度さらす。人参と大根は皮をむき、5mm幅のいちょう切りにする。長ねぎは斜め薄切りにする。

2

鍋にごま油を熱し、豚肉を中火で炒める。色が変わったらごぼう、人参、大根、長ねぎを入れて炒め合わせる。

3

出汁または水を加えてひと煮立ちしたら、アクをとる。弱火で約7分煮て、味噌を溶き入れる。

ポイント
・水からゆっくり煮ることで具材のうま味を引き出します
・一味唐辛子をアクセントとして入れてもおいしいです
・かつお出汁の作り方
鍋に400mlの水を温め、かつお節10gを加えてひと煮立ちさせたら火を止める。鍋底に沈むまで待つ(約5分くらい)。ざるで濾す。
・パック出汁のとり方
鍋に水とパック出汁を入れて温め、沸騰したら5分煮て取り出す。
・和風顆粒だしの場合は、400mlあたり小さじ1目安です。

-レシピ集, 平日の時短ごはん

執筆者:

関連記事

簡単♪新じゃが芋と鶏肉のチーズ焼き【平日の時短ごはんレシピ】

新じゃが芋と鶏肉を使ったパパッと絶品おかず フライパンひとつでパパッと簡単に作れる『新じゃが芋と鶏肉のチーズ焼き』のレシピです。新じゃが芋は皮をむかずに鶏肉と一緒にバターで香ばしく焼き上げます。春が旬 …

チーズ入り♪ひとくち豚カツ【平日の時短ごはんレシピ】※2人

コメント お家でパパッと手軽に作れる『チーズ入り♪ひとくち豚カツ』のレシピです!薄切りの豚肉を使えば火の通りも早く時短できる&やわらかな食感になるので小さなお子さまでも食べやすく一石二鳥!卵と小麦粉と …

簡単♪豚肉とトマトの卵炒め【平日の時短ごはんレシピ】

ママのお悩み解決レシピ「彩りきれいなおかずで満足感アップ♪」 彩りのきれいな食卓が理想だけど、いつも茶色くなってしまう。そんなお悩みのママに解決レシピをご提案します! こんなことで悩んでます □いつも …

アスパラときのこのバター炒め【週末の作り置きおかずレシピ】

アスパラときのこのバター炒め 調理時間:15分保存期間:冷蔵3日 ◎ シンプル食材でおいしい副菜が完成♪ ◎ アスパラの食感を楽しめる♪ ◎ バターしょうゆで香ばしく♪ 材料 材料2 人分倍量・アスパ …

簡単♪豚ひき肉トマトつけ麺【平日の時短ごはん】

「ラーメン屋さんに行かなくてもよくなる」と絶賛のトマトつけ麺 「ラーメン屋さんに行かなくてもよくなる」と絶賛の『豚ひき肉トマトつけ麺』のレシピです。具材をたっぷりと入れたつけ麺は食べ応えも◎。ピリッと …

プロフィール