レシピ集 平日の時短ごはん

牛ごぼうの味噌煮【平日の時短ごはんレシピ】

投稿日:

牛ごぼうの味噌煮【平日の時短ごはんレシピ】
コメント
フライパンでさっと作る「牛ごぼうの味噌煮」。牛肉とごぼうの旨みが染み出した味噌煮はからだが温まる味わいです。

こんな人におすすめ
□和食がすきな人
□さっと煮込み料理を楽しみたい人

ごぼうはしっかりとした歯ごたえと独特な香りが特徴的なお野菜。食物繊維が豊富なので腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。ごぼうの皮には老化防止に役立つポリフェノールが含まれているので、皮はたわしなどで軽くこそげる程度にしてあげるのがおすすめです。

調理時間:20分
材料2~3人分
牛こま切れ肉200g
ごぼう1本(200g)
ごま油適量
A出汁または水200ml
A酒大さじ1
Aみりん大さじ1
A砂糖大さじ1/2
味噌大さじ2
白すりごま大さじ1
小ねぎ(小口切り)適量

作り方

1

ごぼうは流水で泥や汚れを洗い流し、たわしで皮の表面を軽くこすり取る。5mm厚の斜め切りにして水にさらしてアクをとる。

2

深めのフライパンにごま油を熱し、ごぼうを中火でさっと炒める。Aを入れて煮立て、落し蓋をして8~10分煮る。

3

牛こま切れ肉を入れてさっと煮る。アクが出たらとる。お肉に火が通ったら、弱火にして味噌を溶き入れ、白すりごまを入れて混ぜる。器に盛りつけて、小ねぎをのせる。

ポイント
・ごぼうは水にさらすことでアクや土の香りを適度にとります。長時間水にさらしてしまうとごぼう独特の旨みや香りが飛んでしまうため、5分程度にしておきます。
・だしのとり方は主に3つの方法があります(昆布・かつお節などの素材から煮出す/市販のだしパックを煮出す/和風だしの素を溶かす)。
・和風だしの素を使用する場合の目安量は、水300mlに対し、小さじ2/3(2g)です。

-レシピ集, 平日の時短ごはん

執筆者:

関連記事

チンして混ぜるだけ♪カレーそぼろおにぎり

コメント チンして混ぜるだけの「カレーそぼろおにぎり」。ピーマンを入れて彩りもきれいな一品です。ボウルに具材と調味料を入れてレンチンしてごはんと混ぜるだけ!タンパク質もとれるのでからだにうれしいおにぎ …

簡単♪鱈と野菜の黒酢あん【平日の時短ごはんレシピ】

大戸屋風 『すけそう鱈と野菜の黒酢あん』をパパッと作ってみた♪ 和食ごはんといったら大戸屋。本日は大戸屋メニュー『すけそう鱈と野菜の黒酢あん』をできるかぎり手軽に再現できるようにレシピを考えてみました …

やみつき梅きゅうり【平日の時短ごはんレシピ】

コメント ごま油香る『やみつき梅きゅうり』のレシピです。ポリポリ食感のきゅうりとすっぱい梅干しが相性抜群♪やみつきになるおいしさです。ビールのおともにもぴったりですよ。 ★こんな人におすすめ □簡単に …

簡単♪ほっけごぼう煮【平日の時短ごはんレシピ】

コメント ほっけの干物を使った「ほっけごぼう煮」。生姜がふわっと香ってとても美味しいですよ。ごぼうと一緒に炊き込めば野菜もしっかりとれる一品に。ぜひ作ってみてくださいね。 ★こんな人におすすめ □魚不 …

ワンパン15分♪鮭ときのこの生姜あん【平日の時短ごはんレシピ】

コメント フライパンひとつでささっと作れる「鮭ときのこの生姜あん」。きのこをたっぷりの生姜あんは体にやさしい味わいです。 鮭は体をつくるたんぱく質のほか、体の調子を整えるビタミン類も豊富。また体内でほ …

プロフィール