レシピ集 平日の時短ごはん

三つ葉と卵の味噌汁【平日の時短ごはんレシピ】

投稿日:2023年9月13日 更新日:

コメント
春の訪れを感じさせる爽やかな「三つ葉と卵の味噌汁」。おいしい味噌汁があるだけで食事の満足度があがります!時間がある時は昆布とかつお節で丁寧にだしをとり、忙しいときはパック出汁でお手軽に!具材を変えるだけで旬を楽しむことができますよ♪味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので弱火にしてから溶きいれるのがポイント。味噌はこさずに大豆のつぶつぶ感まで楽しむのがおすすめです!

調理時間:15分(つけ置き時間除く)
材料2~3人分
【万能だし】
昆布5cm角1枚
かつお節15g
水600ml

【三つ葉と卵の味噌汁】
万能だし600ml
味噌大さじ2~3
三つ葉1/2わ
溶き卵1個分

作り方

1

昆布は濡らしたペーパータオルでふく。鍋に水と昆布を入れて30分つける。火にかけて沸騰直前でとりだす。

2

昆布だしにかつお節を加えて、ひと煮立ちさせたら火を止める。鍋底に沈むまで待つ(約5分くらい)。ざるで濾す。

3

三つ葉は2cm幅に切る。

鍋に万能だしを入れて火にかけひと煮立ちさせる。溶き卵を回し入れる。弱火にして味噌を溶き入れ、三つ葉を入れる。

ポイント
・市販のパックだしでもお作りいただけます。作り方はとっても簡単。鍋に水とパックだしを入れて弱めの中火にかけ、10分煮だすだけ(フツフツするくらい)。火にかける前にパックだしを水に10分くらいつけておくとよくだしがでます。
・和風顆粒だしでももちろんお作りいただけます。
・沸騰させる前に昆布を取り出す理由は、沸騰すると昆布からぬめりがでてにごる原因になるからです。
・かつお節は冷たいうちや沸騰するとよい出汁がとれないので、火加減に注意します。
・かつお節の濾し方について、ペーパーで濾すときれいに澄んだ出汁に仕上がりますが、私はさっとざるで濾しています。
・かたい食材は5~7分程度煮て、葉野菜などはみそを溶く直前に入れます。薬味は器に持ってから添えます。
・味噌を溶きいれるタイミングは弱火にしてから。味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうのでグツグツと沸騰させないように気をつけます。
・味噌はこさずに、大豆のつぶつぶ感まで楽しみます。

-レシピ集, 平日の時短ごはん

執筆者:

関連記事

簡単♪鮭と長芋のバター醤油炒め【平日の時短ごはん】

コメント サクサク食感が楽しい長芋と旨みたっぷりの鮭を使ったおかずは食べ応え抜群。定番のバター醤油で仕上げた一品は子どもから大人まで喜ばれます。忙しい日でもおいしいおかずが食べたいというときに重宝しま …

豆苗と卵の味噌汁【平日の時短ごはんレシピ】

コメント たっぷりの豆苗が入った味噌汁です。時間がある時は昆布とかつお節で丁寧にだしをとり、忙しいときはパック出汁でお手軽に!具材を変えるだけで旬を楽しむことができますよ♪味噌は沸騰させると風味が飛ん …

牛ごぼうの味噌煮【平日の時短ごはんレシピ】

コメント フライパンでさっと作る「牛ごぼうの味噌煮」。牛肉とごぼうの旨みが染み出した味噌煮はからだが温まる味わいです。 ★こんな人におすすめ □和食がすきな人 □さっと煮込み料理を楽しみたい人 ごぼう …

豚しゃぶ白菜の春雨とろみ煮【平日の時短ごはんレシピ】

コメント 体がポカポカ温まる「豚しゃぶ白菜の春雨とろみ煮」。豚肉しゃぶしゃぶ用は薄切りでボリュームたっぷり♪春雨入りで食べ応えも抜群です。どの食材もお手頃価格で手に入るので節約おかずとしても大活躍です …

ゴーヤのごま和え【平日の時短ごはん】

コメント 夏のお野菜といえばゴーヤ。献立の一品に旬のお野菜を取り入れることで季節を楽しめる食卓に。独特な苦みのあるゴーヤと風味豊かなすりごまを和えた一品はくせになる味わいです。 ●こんな方におすすめ …

プロフィール