レシピ集 平日の時短ごはん

冷凍むきえびで簡単♪三宝菜【平日の時短ごはんレシピ】

投稿日:2023年2月24日 更新日:

コメント
ぷりぷりのえびとシャキシャキ食感が楽しいチンゲン菜、香りのよいきのこを入れた三宝菜です。冷凍むきえびを使ってお手軽に♪下処理いらずでパパッと作ることができます。とろりとした中華あんが絡んでとってもおいしいです。残ったあんもごはんにのせていただきます!

こんな人におすすめ
□少ない材料で満足感のあるおかずを作りたい人
□野菜が不足しがちな人
□メニューがマンネリがちな人

えびにはたんぱく質のほか、骨や歯を作るカルシウムや抗酸化作用のあるビタミンEなど体に嬉しい栄養素が含まれています。
チンゲン菜は秋から冬にかけて甘みが増しておいしい時期です。β-カロテンやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化作用のある栄養がたっぷりなので、生活習慣病予防や美肌づくりにも期待できます。
きのこは食物繊維が豊富で低エネルギー。食物繊維は腸の働きを整える効果があります。そのほか、糖質の吸収を緩やかにして血糖値の急激な上昇を防いだり、余分なコレステロールの排泄するなど、生活習慣病予防にも効果的だと言われています。

調理時間:15分
材料3人分
冷凍むきえび200g(12~15尾)
チンゲン菜2株
ぶなしめじ1パック
Aにんにく(みじん切り)1/2片分
A生姜(みじん切り)1/2片分
塩こしょう少々
油適量
ごま油大さじ1
B水150ml
B鶏ガラスープの素小さじ1
B醤油大さじ1と1/2
Bオイスターソース大さじ1と1/2
B片栗粉大さじ1

作り方

1

冷凍むきえびは水に浸して解凍し、水気を拭く。チンゲン菜は4cm幅のざく切りにして茎と葉を分けておく。ぶなしめじは石づきを切り落とし、手でほぐす。にんにく、生姜はみじん切りにする。

2

深めのフライパンに油を熱し、Aを弱火で炒める。香りが立ってきたら、解凍した冷凍むきえびを加えて中火で炒める。

3

むきえびの表面に焼き色がついてきたら、塩こしょうをふる。チンゲン菜の茎とぶなしめじを加えてさらに炒める。

4

チンゲン菜の茎とぶなしめじがしんなりしたら、チンゲン菜の葉を加えてさっと炒める。混ぜ合わせたBを加え、全体を大きく混ぜながらとろみをつける。香りづけにごま油を回し入れる。

ポイント
・冷凍むきえびを使うことで下処理の手間なく、だれでも簡単に作ることができます
・チンゲン菜は部位によって火の通りやすさが異なりますので、葉と茎を分けて炒めます
・事前に調味料に片栗粉を入れて混ぜておけば、ダマになる心配もなく簡単にとろみをつけることができます。
片栗粉は沈殿しやすいので調味料を加える前に混ぜてから加えてください。

-レシピ集, 平日の時短ごはん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜のうま味たっぷり♪ミートソース【だしうまレシピ】

「野菜と肉のうま味をギュッと閉じ込めたミートソース」 じっくりゆっくり作るミートソースは絶品。野菜は蒸してうま味を引き出し、牛肉はじっくり炒め水分を飛ばしてうま味を凝縮させる。余計な調味料は使わずに、 …

鶏肉とごぼうのこっくり煮【平日の時短ごはん】

コメント 旬のごぼうを使ったこっくり煮は懐かしいおふくろの味。香り豊かなごぼうと旨みたっぷりの鶏肉を使った煮物は絶品です。多めに作って常備菜にしておくと忙しい日に重宝します。 ★こんな人におすすめ □ …

ブリと根菜の照り焼き【平日の時短ごはん】

コメント 脂ののったブリと根菜を使って、ごはんがすすむ照り焼きにしました。3歳の息子が「ブリ大好き!蓮根おいしい!」と喜んで食べてくれました。魚と野菜が一緒にとれるボリュームたっぷりのおかずは主菜1品 …

かつおぶしとねぎで食べる♪冷ややっこ【平日の時短ごはんレシピ】

かつおぶしとねぎで食べる♪冷ややっこ 調理時間:3分 ◎ 箸休めにぴったりの冷やっこ ◎ かつおぶしとねぎが良い役割果たしてます ◎ めんつゆでラクラク完成 材料 材料2人分倍量豆腐120g240gか …

あったか♪きのこの炊き込みご飯【週末の作り置きレシピ】

あったか♪きのこの炊き込みご飯 調理時間:50分保存期間:冷凍1ヵ月 ◎ きのこが美味しい!秋の炊き込みご飯♪ ◎ 生姜効果でからだもぽっかぽか♪ ◎ 炊飯器をポチ!簡単レシピで楽々♪ 材料 材料3 …

プロフィール