レシピ集 週末の作り置きおかず

さつま芋と舞茸の炊き込みごはん【週末の作り置きごはんレシピ】

投稿日:

さつま芋と舞茸の炊き込みごはん

調理時間:50分保存期間:冷凍1ヵ月
さつま芋と舞茸の炊き込みごはん

◎ 材料を入れて炊くだけの簡単レシピ♪
◎ ほっくほくのさつま芋がたまらない♪
◎ 舞茸の香りが美味しさを引き立てます♪

材料

材料2合分4合分
2合4合
さつま芋1/2本(150g)1本(300g)
舞茸1パック2パック
[調味料]
・酒 大さじ2 大さじ4
・しょうゆ 大さじ1 大さじ2
・塩 小さじ1 小さじ2
・黒ごまお好みお好み

作り方

さつま芋は皮ごと1㎝角の角切り。舞茸はくずす。

通常通り2合分の目盛りまで水を加え、調味料を入れる分だけ水を捨てる。30分間置いておく(吸水)。
炊く直前に調味料Aを入れ、さつま芋、舞茸を米の上に広げ入れる。炊き込みモードで炊く。

炊き上がったら、ざっくり混ぜる。黒ごまをお好みでどうぞ♪

【初心者の方必見】ここからは料理本には載っていない料理のコツを解説していきます

お米はささっと短時間で洗いましょう

目的:ぬか臭くなるのを防ぐ
理由:お米は水につけると勢いよく吸水するのでぬかがついた状態でゆっくりと水にあたっているとぬか臭くなってしまう。

方法: たっぷりの水で2~3回ささっとかき回してぬか臭い水を捨てましょう。なお、 洗いすぎるとでんぷんが溶け出してしまったり、お米が割れて炊き上がりがベタつく可能性があるので、お米は透明になるまで洗わなくてOKです。

炊きこみごはんは炊く直前に調味料を入れましょう。※調味料分は捨てましょう。

目的:①芯が残るのを防ぐ②水っぽくなるのを防ぐ
理由:醤油や塩などを加えると米の吸水は阻害され、炊いたときに芯が残ってしまう。まずはしっかりと水で吸水させてから、炊く前に調味料を入れましょう。また炊き上がりに水っぽくならないように、入れた調味料分の水を捨てましょう。

忙しい日に吸水させずに調味料を入れて炊いたら芯が残ってかたいごはんになってしまったことがあります(;;)みなさんもしっかり吸水させてから調味料をいれて炊いてくださいね。

-レシピ集, 週末の作り置きおかず

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

きゅうりとキムチのごま和え【週末の作り置きおかずレシピ】

ママのお悩み解決レシピ「キムチをきゅうりと一緒にさらにおいしく♪」 容量大きめのキムチを買ったんだけど少し味変したいなぁ。そんなお悩みのママに解決レシピをご提案します! こんなことで悩んでます □キム …

ボリューム満点♪ゴーヤと豚肉の味噌炒め【平日の時短ごはんレシピ】

コメント 我が家の夏の定番メニュー。ゴーヤのほどよい苦みとジューシーな豚バラ肉は相性抜群。厚揚げを入れてボリューム満点に仕上げました。濃いめのしっかりとした味付けで白ごはんがモリモリすすみます。 ●こ …

冷凍作り置き♪ツナとお豆のトースト

缶詰を使ってパパッと栄養たっぷりトースト。ツナとお豆で朝からしっかり タンパク質をとろう♪ 忙しい平日の朝は時間とのたたかい。朝ごはんをゆっくり食べる時間を作るために週末に作り置きしておくのがおすすめ …

アボカドとトマトのサラダ【平日の時短ごはんレシピ】

アボカドとトマトのサラダ 調理時間:10分 ◎ アボカドとトマトのおしゃれなサラダ♪ ◎ さっぱり手作りドレッシングで♪ ◎ 特別な日のサラダにも♪ 材料 材料2人分倍量アボカド1個2個トマト1個2個 …

鶏肉とトマトのにんにく炒め【平日の時短ごはん】

さっぱり食べられる夏バテメニュー さっぱり食べられる夏バテメニュー『鶏肉とトマトのにんにく炒め』のレシピです。鶏肉×トマト=相乗効果で旨味アップ♪トマトは油で炒めることでリコピンの吸収率アップします♪ …

プロフィール